大人のアトピー性皮膚炎
〜ステロイド剤に頼らない治療〜


アトピー性皮膚炎といえば、子供の皮膚病のように思われていますが、近年、大人のアトピーが増加しています。快適な生活を送れるよう、アトピー性皮膚炎の原因やしくみを知り、自分に最適の予防法を見つけ、完治しましょう。


■大人のアトピー性皮膚炎について
成人型アトピー性皮膚炎が増加した原因として、環境や食生活の変化、ステロイド外用剤の不適切使用などが考えられていますが、詳しいことは分かっていません。


◆知っておきたい重要な事

・ステロイドについて
ステロイドは、長期間使い続けると様々な副作用が起きます。

炎症が治まった時点で、徐々に弱いステロイドにランクを落としていき、最終的には保湿剤だけで症状をコントロールするのが、正しいステロイドの使い方である。

・アトピーとは、長く上手につきあう
現在、アトピー素因の体質を変える治療法はありません。従ってアトピー性皮膚炎の治療は、まずアレルゲンを見つけだし、その除去を心がけますが、現実的には、それほど簡単ではありません。

保湿剤などでのスキンケアで、皮層のバリア機能を補強することも非常に大切です。ストレスや、「かく」という行為などの憎悪因子を減らすことも重要です。

ライフスタイルを見直して下さい。

多様な憎悪因子を減らしつつ、抗アレルギー剤などでかゆみや炎症をコントロールします。

炎症症状の強い場合は、ステロイド外用剤の使用もやむを得ません。

残念ながら、アトピー性皮膚炎を短期間で、完治させる治療法は、まだありません。従って治療の目標は、治癒ではなく、日常生活に支障のない状態へ持っていくことです。信頼できる医師のもとで、根気よく治療していくことが大切です。


◆アトピー性皮膚炎の原因(昔からいわれている原因)

・アトピー素因がある
アトピー性皮膚炎の発症には、アトピー素因という遺伝的背景が関係しています。

アトピー素因とは、専門的にいえば、タンパク質の一種である「IgE抗体」をつくりやすい体質で、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患になりやすい体質、ということができます。

・アレルゲンがある
何らかのアレルゲンが作用し、湿疹になると考えられています。

成人型アトピーの場合は、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛などの環境アレルゲンが、関与していることが多いようです。アレルゲンを見つけるために、血液検査などを行いますが、血液検査で異常値を示すものすべてが、湿疹の原因とは限りません。

・皮膚のバリア機能の低下
アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は湿疹のない部位でも乾燥し、バリア機能(アレルゲンなどを防ぐ機能)が低下しています。そのため、外的刺激に敏感になり、炎症が起こりやすいのです。

・ストレス
アトピーが、受験や仕事などの精神的ストレスで悪化し、ストレスがなくなればよくなるということは、日常の場で経験します。

湿疹のある人は、かゆみのため、よくかきますが、それほど痒くないのに、掻いてしまうという掻破(そうは)癖を持った方もいます。アトピー性皮膚炎は、掻くことによっても悪くなります。


◆アトピー性皮膚炎の原因(近年いわれている原因)

・免疫機能の異常
テレビ、コンビニ、パソコンなどの24時間生活で、人間本来の体内時計、生体リズムが狂い、自律神経系のアンバランスをまねき、免疫系にさまざまな悪影響を与えます。

・化学物質
化学物質が、アトピー性皮膚炎を引き起こしている場合があります。

原因となる化学物質は、大気中・水道水・加工食品・衣類・建材などあらゆるところに使われているため、全くの化学物質の存在しない環境で生活することは不可能に近いといえます。解決方法は、体内で化学物質を処理するための新陳代謝を、いかに高めるかを考える必要があると思われます。

・ステロイド剤
ステロイド剤は、かゆみを押さえることはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療するのではありません。

ステロイド剤を使用しながら、原因そのものを治療しないと、ステロイド剤を長期服用することによる副作用の危険性が出てきます。

・間違った民間療法
世の中には、アトピーを治すための、色々な民間療法が氾濫しています。他の人のアトピーがその方法で良くなったとしても、あなたに適した治療なのかは、わかりません。中には、詐欺まがいのものもあります。

自分の症状の原因と治療法が本当にあっているのかを見極め、治療に取り組んでいくことが重要になってきます。


◆アレルギー検査

血液検査で、IgEの濃度を調べることにより、ダニ、ほこり、花粉などへのアレルギー反応がわかり、皮膚炎を悪化させる物質の見当をつけることができます。

ただし、IgEが、陽性であったものが、実際の皮膚炎の悪化に本当に関係があるかどうかは、医師と相談して慎重に判断する必要があります。


■アトピー性皮膚炎の治療
アトピー性皮膚炎の治療には、3本の柱「薬物療法」「スキンケア」「原因・悪化因子の除去」があります。


◆薬物療法
アトピー性皮膚炎の治療において、最も大切なのは薬による治療です。適切に正しく薬を使うことで、症状を早く改善して、良い状態を維持することができます。

現在、アトピー性皮膚炎治療の外用薬としては、ステロイドの塗り薬と、ステロイド以外の免疫調節外用薬タクロリムス(プロトピック)があります。この2種は、効果や安全性が科学的に評価されており、日本皮膚科学会でも基本外用薬として推奨されています。

ステロイドの塗り薬には、「最強」「とても強い」「強い」「弱め」「弱い」という5段階のランクがあり、それぞれの皮膚の症状の種類や重症度、炎症が起きている場所、患者さんの年齢などを考えた上で、適切なランクの薬が選択されます。顔面は吸収が良いので原則として「弱め」クラス以下を使用することになっています。

アトピー性皮膚炎治療の外用薬は、適量を、患部全体を覆うように塗り拡げます。すり込むように塗るのではなく、塗り薬を「乗せる」ように、皮膚全体を覆うように塗り拡げます。

患部にステロイド薬を塗ったあと、亜鉛華単軟膏を布に伸ばしたものを貼って包帯で巻くのも有効ですが、医師の指示にしたがってください。

一般に、症状が悪化した時は、ステロイドの塗り薬を1日2回塗って早く軽快させ、1日1回の使用に切り替えるか、免疫抑制外用薬に変更したりします。

免疫抑制外用薬は、ステロイドと作用機序の異なる抗炎症薬で、ステロイドでよくみられる皮膚を薄くするなどの副作用もほとんどないため、顔や首によく使われます。効果はステロイドの塗り薬の「強い」クラスと同じ程度で、どちらの塗り薬を使うか、どう組み合わせて使うかは、医師がそれぞれの皮膚の状態をよくみて判断します。

他に、かゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を補助的に内服することがあります。


◆スキンケア
ステロイドの塗り薬や免疫抑制外用薬で、炎症がすっかりおさまった後も、2〜3日おきに塗り薬を使ったり、炎症の再発を予防するためにスキンケアを行う必要があります。

入浴やシャワーで皮膚を清潔に保ち、白色ワセリンやヘパリン類似物質外用薬(ヒルドイドソフト)などの保湿剤を入浴後に塗り、皮膚から洗い流された皮脂膜を補います。皮膚炎が軽くなっている時でも保湿剤の外用は続けて、調子のよい状態を保つようにしてください。


◆悪化要因の除去
アトピー性皮膚炎は、薬物療法とスキンケアを正しく行うことで、ほとんどの場合、症状をコントロールすることができます。しかしそれでも症状の改善がみられない時は、症状の原因となっているものや悪化させる可能性があるものを探し出し、それを取り除くことも大切です。

食物に加え、汗、ダニ、ほこり、ペットの毛などの生活環境、細菌・真菌などが主な悪化要因と考えられるので、生活環境を整えたり、皮膚を清潔に保つことで、できる限り悪化要因を取り除きましょう。

また明らかに、「これを食べると皮膚炎の症状が悪化した」とわかる食物については、食事からできるだけ取り除くようにしますが、原因の確定には、専門の医師による注意深い検査が必要です。自己判断で安易に食物を制限したりしないようにしましょう。

また、ストレスも症状を悪化させる原因のひとつです。特に成人のアトピー性皮膚炎の患者さんでは、心理的ストレスから、「かゆくないのに掻く」のがくせになってしまい、そのために症状が悪化している例がみられます。このような場合は、心理的アプローチを含めた治療が、行われることもあります。


■ステロイド外用薬の強さランク
よく使用されるステロイド外用薬の効果の強さを、強い順に並べてみました。処方してもらった、ステロイド外用薬の強さを分かったうえで塗ると、少しは安心できるものです。参考にしてみてください。商品名 (成分名) で著しています。

◆Strongest (最強)
・デルモベート (プロピオン酸クロベタゾール)
・ソルベガ (プロピオン酸クロベタゾール)
・ジフラール (酢酸ジフロラゾン)
・ダイアコート (酢酸ジフロラゾン)

◆Very Strong (とても強い)
・フルメタ (フランカルボン酸モメタゾン)
・アンテベート (酪酸プロピオン酸ベタメタゾン)
・トプシム (フルオシノニド)
・リンデロンDP (ジプロピオン酸ベタメタゾン)
・マイザー (ジフルプレドナート)
・ビスダーム (アムシノニド)
・テクスメテン (吉草酸ジフルコルトロン)
・ネリゾナ (吉草酸ジフルコルトロン)
・パンデル (酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン)

◆Strong (強い)
・エクラー (プロピオン酸デプロドン)
・メサデルム (プロピオン酸デキサメタゾン)
・ボアラ (吉草酸デキサメタゾン)
・ザルックス (吉草酸デキサメタゾン)
・アドコルチン (ハルシノニド)
・ベトネベート (吉草酸ベタメタゾン)
・リンデロンV (吉草酸ベタメタゾン)
・プロパデルム (プロピオン酸ベクロメタゾン)
・フルコート (フルオシノロンアセトニド)

◆Medium (弱め)
・リドメックス (吉草酸酢酸プレドニゾロン)
・レダコート (トリアムシノロンアセトニド)
・トリシノロン (トリアムシノロンアセトニド)
・ケナコルトA (トリアムシノロンアセトニド)
・ロコルテン (ピバル酸フルメタゾン)
・アルメタ (プロピオン酸アルクロメタゾン)
・キンダベート (酪酸クロベタゾン)
・ロコイド (酪酸ヒドロコルチゾン)
・デカダーム (デキサメタゾン)

◆Weak (弱い)
・プレドニゾロン (プレドニゾロン)
・コルテス (酢酸ヒドロコルチゾン)
・オイラゾンD (デキサメタゾン)

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--u00a.jp/">肌.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2016 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ